FC2ブログ

気楽に役立たZOO

山の暮らしと猫3匹 秩父の花や食の情報も♪

18

映画アバターの感想。。。いまさら(笑)

アバター見ました。
思ったより深かったことにオドロキです。


まず何といってもパンドラの動植物が魅力的ですね。
サイとシュモクザメが合体したような生物は草食動物で 
敵を威嚇する時には
頭の羽を広げるところなんか リアリティ満載!

多種多様な生物が生存する完璧な自然形態が
出来上がっている事に感動しました。

植物は夜に発光するものが多種あって
すごくきれいだし
その植物たちは 人間の脳神経のように
微弱な電気刺激によって情報を伝達し共有している。
目に見えるものだけじゃなくて
すべての命の根源にまで至るすべての意志、記憶を。。
そして その中心ともいうべき「魂の木」
綿毛のように、くらげのようにふわふわと飛ぶ木の精霊。
これを3Dで見たら圧巻でしょうね~

パンドラの原住民族であるナヴィは
自分たちを取り巻く その環境すべてが神であり
それを破壊したり苦しめてはならないことを知っている種族。
これって 先進国の武力によって住むところを奪われた
地球の原住民族の人たちと同じだぁ(*^。^*)

このアバターでは最後にナヴィが人間に勝って
パンドラの自然を守りぬきます。
人間のやり方にだんだんと疑問を感じて
ついにはナヴィの側に立って戦った主人公と共に。

今まで自分たちが絶対の正義だと思ってきた先進国側で
こういう映画が出来たということに私はとっても驚いたし 
世の中が変わる予兆かなって思ったのですが
どんなもんでしょうか?

この後 ちょっと感じたところを書いてみたいのですが
さすがに長くなりそうなので
折りたたんでおきますね(^o^;)>
主人公 ジェイク・サリーが(アバターの姿で)
ナヴィの部族の前で
俺はジャーヘッド族の戦士だと名乗るのですが
どこから出たんだ、こんなふざけた名前は!と思って
これをちょっと調べてみたら
ジャーヘッドってアメリカ海兵隊員を揶揄する言葉なんですね。

ジェイクは元海兵隊員という設定だからでしょうけど
日本では2006年に公開された「ジャーヘッド」っていう映画の
主演男優はジェイク・ギレンホールという名前だったらしいので
アバターのジェイクは それもひっかけてたんだろうなと思ったら
ちょっと面白かったです。
(ジャーヘッドは見てないんですけどね。。)

で、このジャーヘッドについては
もっと深い意味があると思うんですよ。
と、いうのも 海兵隊がジャーヘッドと揶揄されるのは
躯体は頑丈だけど 中身が空っぽという意味なんだそうですが
いろんな事を教えてくれというジェイクにナヴィの族長が
「スカイピープル(人間)は頭がいっぱいで新しい事は覚えない」
と言うシーンがあります。

パンドラにやってきた人間たちは
自分たちが偉い、正しいと思っているので
 一方的に自分たちの文化を押し付け
ナヴィの深遠な教えを聞こうとはしないんですね。
だから ジェイクは「俺の頭は空っぽだから ちゃんと聞けるよ」という
メッセージを送ったわけなんでしょう。
なにせ アバター計画の科学者からも頭が空っぽと言われていた
ジェイクですから その点 変なプライドは持ってなかった(笑)

でもこれはすっごく重要なことだと思うのです。
「頭をからっぽにして聞く重要性」で思い出すのが
中村天風とインドのカリアッパ師の逸話です。
天風が奔馬性結核で死にそうな時  
インドのカリアッパ師に出会い助けてやろうと言われます。
でもカリアッパ師は いつになってもその方法を教えてくれない。
天風が 自分はもう死にそうなのにいつ教えるんだと言うと
「水がいっぱいに入ったコップのように無駄な知識がいっぱいで
  お前の頭には新しい知恵を入れる準備ができていない。
  まずは頭を空っぽにしてから来なさい」と諭されるんですね。

キャメロン監督は、この逸話の元になる思想を知っているんだろうなぁ。
アメリカのホピ族やインドのヨギについても 
きっとかなり詳しいのだと思いました。

そしてもう一つ思ったのが ジェイクの呼び名について。
ジェイクのフルネームはジェイク・サリーなのですが
ナヴィの族長は ジェイク・スリーと呼びます。
まぁ、ナヴィ語のかげんかもしれませんが
私にはスリーには3番目のという意味があるように思えます。

ナヴィにとって 一番目は自分たちナヴィ族、二番目はスカイピープル(人間)
そして 3番目はナヴィと人間の遺伝子をあわせもつアバター。
この3番目こそが まったく違うナヴィと人間との相互理解を果たすもの、
という意味がこもっているのではないかと。

一つの方向に働く力が発生すると 必ず正反対の方向に働く力が生じる。
作用、反作用ってやつですね。
そこにある対立を統合するのが3番目の力っていう考え方があります。
違ったものを統合させるその力のことを「愛」と呼ぶそうです。
だからジェイク・スリー  3番目のジェイクは「愛」となる使命が
あるんじゃないかな。

この作品ではナヴィが勝って人間を地球に送り返すところまでだったけど
アバターは すでに続編が決定しているそうですから
最終的には ナヴィと人間の力を結集して
死にそうになっている地球を蘇らせることになるのでは。。。
と、勝手に想像しています。

しかし もうちょっと前だったら
多神教に近い世界観を持つこの物語りを キリスト教会が糾弾しただろうし
アメリカ政府も 開発や武力行使に対するアンチテーゼとして
握りつぶしていただろうから
3Dの技術が進歩するまで完成を待ったというこの時期が
他の意味でも最適な公開時期だったのだなぁと思わずにはいられません。

映像だけでも十分楽しめるこの映画の続編が楽しみです。

長々と意味不明なことを書き連ねたこの文章を
最後まで読んでくださったみなさま、ありがとうございました。
皆様の忍耐力に感謝いたします(笑)
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私も今日、見ました。
映画館で見た時よりも深く見れた気がします。

しかし園長さんはすごいなぁ~~
そこまで考えられるなんて。
いい勉強になる映画ですよね。
一方的に自分の文化を押し付けようとする。
パクスロマーナ的な考え方。
日本は郷に入っては郷に従えと云う。
あの世界に合うのは昔の日本人かもしれない。

私的には飛行石のジブリを思ったり、FFを思い出したり。
映像が楽しかった。

こんにちは♪^^

(。--)ノ ハーイ 根性で読ませていただきましたよ♪

ほんとにいい映画だったんですね。^^
あたしもそのうち観てみようかなって気になりましたよ。
でも なかなかハマって観れないんですよね・・・
邪魔者が若干2名おりますんでw。

しっかし、ここまで語れる園長さんはすごい!
あたしだったら、たぶん『おもしろかった!』の一行で
終わると思われます。(笑)

あけましておめでとうございます。
私こそいつも読んでポチだけで
コメントなしですみません。

アバターみてません(汗)
見てみたいな~と思いつつ、
なんだかあの緑色の顔が気持ち悪い感じがしちゃって…

でも深い深い感じ方ができる映画なんですね~!!!

こんにちは^^

園長さん~~~!! 明けましておめでとうございます~~~!!
今年もどうぞよろしくお願いしますね!

「アバター」、スカパーで今録画したままなんです(><;
なので、今日の記事は読みません!(こめん~~)
見終わった後に、感想書きがてら読みに来ますね(*^^*)
でも、、、、そうか~、思ってるよりも「深い」のか~~~・・・・。
期待してなかっただけに、かなり楽しみです♪

園長さん、こんにちは。
興味深くて一気に読ませていただきました。
私はこの映画、まだ見ていませんが、たとえ見たとしても、
園長さんのように深く捉えることができなかったと断言できます(笑)
ですから、園長さんの記事を読んでから見る方がより興味深く見ることができると思いました。

キリスト教界でも「エキュメニカル運動」というのがあって、
様々な宗教が一つになって祈ったりしているそうですが・・・
神は唯一であるというキリスト教の教えから、受け入れられない部分もあります
ただ、自分たちが一番、自分たちが正しいという前提の元に、
何を聞いても心深くには入ってこないし、
ほんとうに大切なことを受け取ることはできない・・・
・・ほんとうにそうだと思います。 (自分の反省も込めて)

超話題作でしたが、深い意味合いが盛り込まれているのですね。 
見てみたくなりました。 園長さん、ありがとう♪

まだ観てないんですよ~(^^;)\

なるほど~~~~!!!
お話の骨子はだいたいあちこちから入ってくる情報で
何となくそうかな~とは思ってましたが、
これは、やっぱり観ないといけない映画の様ですね!!

最近のアメリカは世界の警察で何が何でも自分たちが正義で!!
って言うのを見直してきている気がします。
一番強大で、やっぱり大国の中では一番頼りになる国だからこそ、
こういった変化は喜ばしいことだと思います。
世界が良い方向に向かう素敵な夢が叶いそうな・・・・・

鍵コメさんにお返事♪

あはははっ(^◇^)
気力充実で何よりです♪

ぴゆうさんにお返事♪

長々しい文章 読んでいただいてすみませんです(汗)

あの世界は欧米の列強国の考え方じゃないですよね。
ぴゆうさんの描く猫国には届かないけど
考え方としてはずーっと近いと思うな。
精神性がとても高い世界。

日本は昔から 万物に命が宿るって考えた国だから
あまり抵抗なく見られるけど
あれを欧米の人達が見てブーイングしなかったところに
私はなんとなく 希望をみた気がします~♪




ちょんちょんさんにお返事♪

あはははっ(^◇^)
正月早々 根性試しになっちゃったね~
これで今年はちくちく作業も根性入るよ(笑)

うん、いい映画でした。
表面だけでなくて インディオが伝えてきた
精神性の高さが あますことなく表現されてたと思うんだ。

私は娘が留守の時
娘の部屋にこもって見てたから邪魔が入らなかったよ。
見ている時 用事をいいつけられると
見た気がしないもんね~

まるこさんにお返事♪

やっぱり あの顔色で引く人も多いんですね(笑)
うんうん、無理もないわ~
私もすぐには飛び付けなかったもの。。

どんな映画でも人により好き好きがあると思うけど
これからも 地球をプッ壊さないで
人間が生きて行くためには ああいう生き方に変換しないと
だめだろうなぁって 思える映画でしたよ~

蘭さんにお返事♪

蘭さん、明けましておめでとうです♪
スカパーが見られると いろんな映画やるのね。
うちは地上波でも危ないところだからなぁ(笑)

うふふふっ(o^-^o)
蘭さんは鋭い選球眼を持っているから
どんな感想になるか楽しみだわ~
直球でくるか 変化球になるか♡

こういうのって 意見が分かれるところが
一番 面白いもんね! 

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!

アバターはまだ観てません。
DVDを家族が借りてきてましたが
私はあの青い姿がちょっと怖くて
見てないんですぅ・・・
園長さんの記事を読んで、見てみたいに変わりました!
今年初のレンタルはアバターにします^^

petero kさんにお返事♪

いやいや、petero kさんの懐の深い見かたには
ぜんぜんかなわないのは確かですよ~
だって 人格の温かさに差があるもん(笑)

エキュメニカル運動というのは 初めて聞きました。
他の宗教の方たちと祈るというのは大変だと思うけど
宗教・文化の違いによって人間同士がケンカしているより
ずっと神様に近い行為に違いありませんね♪

もともとキリスト教は 心の貧しい人は幸いなりって
謙虚であることを教えているんですよね。
でも
教会が時の政治と結びつくと
植民地にするために布教者を送ったりという行為に
出てしまうこともあります。
信仰とは何の関係もないのに・・・
一心に天の心を成そうとしている人達の邪魔すんな(怒)
っていう感じですよね(^o^;)

かじぺたさんにお返事♪

アバター有名だもんね~
でも私も今まで あの顔色に躊躇してたよ(笑)

まぁ、どんな物語りも人それぞれの取り方があるし
私はほら、 英語まったくダメだからさ、
日本語字幕で見てるじゃない?
だから英語を聞きとって見ている人とは印象が違ってるかもね。

でも本当に感じたのは
アメリカが変わった!っていうことでしたよ。
それでまた 暴れ出す国があっても困るけど(^o^;)
強いもの勝ちから全てのものの共生へ
舵を切れる可能性が出てきたかなって思いました。
そうなったら嬉しいよね、
犬も猫もみーんな共生できるぞー♡

姉さんにお返事♪

おお、姉さんもあの顔色で躊躇した組ですか?
・・・・やっぱり怖いよね(笑)

でも動物いっぱい出てきますよ。
ヤマイヌっぽいのとか 六本足のウマみたいなのとか。
エリマキトカゲがタケコプターみたいに
エリマキ広げて飛ぶのなんか 可愛いですから
ちょっと見てみてくださいな。
動物好きな方は OKだと思います(爆)

今年もよろしくお願いしますね~

こんばんは^^

やっと来ましたよ・・・・・(笑)。
そして、この記事をじっくり読ませていただきました(vv*

むむむむ~~~~・・・・・・・
さすがに園長さんの記事は深いな~~~~。
読んでて、園長さんの知識の奥行きに感動してしまいました。

私もこの映画を観て感じたのは、宗教的な感覚を深く盛り込ませているな~って事でした。
でも、観てる側にはそれが嫌味に思えない。
本当に素晴らしかった。
私は見終わった後、思わずぼろぼろ泣いてしまいましたよ(; ;)

実は、昨日観たんです。
それで、明日の予約投稿でレビューを書いてます。
園長さんの感想のように深いものではありません。
ただ、「観て感じた感想」をそのまま文にしてます^^;
お暇な時間にでも読みに来て下さいね♪

本当に素晴らしい映画でした。
色々と期待感はあるけれど、私個人としては次サクは作って欲しくなかったな~ってのが正直な意見です^^;
なぜかと言うと、必ずと言って良いほど「駄作」に仕上がってるから(笑)。
1で受ける衝撃が、どうしても薄れてしまうんですよね~~・・・・・

まぁ公開した物を観てみない事には、何とも言えないんですけど^^;

蘭さんにお返事♪

わぁ~~☆
蘭さんのレビュー記事、楽しみだぁ!

「アバター」は見る人によって、
 また見るごとに違った面が見えてくる映画だと思う。。
蘭さんは映画 いっぱい見てるし
レビューの切り口が鮮やかだからね~、楽しみなのよんっ(*^。^*)

こういう映画は 確かに2作目 期待がかかるとハズレることが多いよね。
セカンドデスっていう言葉があるくらい 必然(爆)
一作目はね、 気味が悪いかな、この生物っていう思い込みが
バシーンとひっくり返った驚きがあったから
2作目には 良い意味で こういう内容だろうなっていう思い込みを
ひっくり返してほしいな~と思う。
難しいけど もしかしたらって思わせるスタッフなんだよね~♡

非公開コメント
My profile

Author : 園長

秩父に嫁いで30数年。。。
上武自然公園の中に
家族7人、猫2匹で住んでます。
どうぞよろしく♪

FC2ランキングに
ガーデニングで参加してみました。
良かったら押してやってネ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


相互リンク新着情報

リンクしていただける方は コメント欄でお知らせくださいね。 相互リンクで 新着情報が出るようにさせていただきまーす♪

ページランキング

役立たzoo園内人気記事
ブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カウンター