fc2ブログ

気楽に役立たZOO

山の暮らしと猫1匹 秩父の花や食の情報も♪

TOP >  日記 >  今年のアサガオと猫専務

今年のアサガオと猫専務

今年も個性豊かなアサガオが咲いてくれました。
こぼれ種から生えてくるアサガオは変化に富んでいて
咲くまで どんな花かわからないのも楽しいです♪

最初に買ったのが覆輪だったので
白い縁取りが出るのも多いのですが
その縁取りがまた個体によってさまざま、
このいい加減さが好き(笑)
IMG_2244.jpg

IMG_2245.jpg

IMG_2249.jpg

IMG_2344.jpg

花粉が散らばっているのは蜂さんのお仕事。
そのおかげでいろんな花が見られるんですよね~、蜂さんアリガト!
うちに来るのはミツバチじゃなくて もうちょっと大きめの蜂さんです。
スズメバチが多いから 山の中はかえってミツバチが少ないのかも、
ヘビが来にくいから人間の家に巣をつくる燕みたいに
住宅街の近くでミツバチたちが生き残れるといいなぁ。
IMG_2345.jpg




さて 朝の写真撮りにも同行するお仕事熱心な専務たち。

ハルは20日に3回目の動物病院での注射をしてきました。
肩の皮膚病はだいぶ良くなって毛も生えてきたよ。
これで終わりにできますように!
去年は7月に1回、10月に3回 通ったのよね。
IMG_2347.jpg


そしてミニーも左耳の中をひっかいて治りが悪かったので
20日は一緒に病院行き(^-^;)
抗生剤と少量のステロイド注射。
IMG_2348.jpg
夏は蚊やノミの被害もあるから
病院でレボリューションをつけてもらいました。

ミニーは皮膚が弱い為フロントライン+が使えなくて
滴下薬をつけてなかったのですが
レボリューションはフロントラインよりアルコールが少ないとのこと。
今のところ そんなに赤くなってないから大丈夫みたい。
ただし レボリューションはマダニにはあまり効果がないので
そこは目視しかないですね~

タマはバリバリ元気なのでフロントライン+と同じ成分で
ちょっとお安めのマイフリーガードαを使ってます。
でも薬をつけられることを察知すると電光石火で消えるので
あらかじめ外装から出して机の上に置いておかなくてはなりません。
「オレの後ろに立つな」のゴルゴ13並みですよ(笑)
痛くもなんともないのにねぇ。。。

他のおうちのニャンコさんはノミ取りの薬、どうしてるのかなぁ。
関連記事

Last Modified : 2017-08-22

* by mimiha
朝顔の色が、絶妙ですねー^^ 淡い色の覆輪は本当に素敵^^

たんこちゃん、一度だけノミを見つけたことがありました。
が、そのまま放置でいなくなりました(寒いからか!)
けど、蟯虫さんがいてね>< 虫下しのお薬を何とか飲んでいただいて、治まりましたー><
野良さんだったので、避妊手術が終わるまでは、体調に問題もあったと思います。手術が終わってから、ようやく安定してきたように思いました。

野良ちゃん生活は、ハイリスクですものね><

こんにちは * by みかん
こぼれ種から咲く花って いろいろな種類が出てきて
元は どれ?って 感じで 面白いですね、
過去に掛け合わされた花を見るようで
実際は違うかもですが (*^。^*)
お値打ちな薬が どの子にでもあうと
かなり助かりますが
皮膚のトラブルを持った子には 強すぎるんですね
タマ専務が黒眼鏡に
ハマキくわえてる姿想像します (^^;)

* by 園主
どの花も 優しい色ですね。
自然実生で こんなにきれいな花が咲けば 毎年が楽しみですね。
市販のサンスポットと言うノミ・ダニ・蚊の効果がある薬を
首筋にかけていますが ノミが全滅する事は無いようです。
寒い間は 一匹もいませんが 夏頃になると湧いた様に出てきます。
毎日 櫛でとってやるのが一番効果的みたいですね。
テンちゃんの体中のおできは お陰様で殆ど良くなってきました。
人間用の「ゲンタシン軟膏」と言うのですが 何度も何度もしつこく
塗り込みました。
今思えば 早くつけてやれば良かったと思います。
でも テンちゃん以外は 前もって指に塗っておいても 気配を感じて
逃げてしまいます。勘が鋭いですね。
2階のリリちゃんは 特に鋭いようです。


mimihaさんにお返事♪ * by 園長
野良生活は とってもハイリスクですよねぇ、
ノミだらけで貧血になってる子猫とかいますもんね(T T)

うちはタマが野良猫の子だったので
小さいうちに保護したけど立派な回虫持ちでしたよ~
ただでさえ飼い猫より食べ物が少ないのに
野良ちゃんはやせ細っているわけだなぁと思いました。

たんこちゃんもmimihaさんちの子になれて本当に良かった!!
mimihaさんのお庭にたんこちゃんがいる写真が
私は大好きでーす♥

淡い色の覆輪あさがお
涼し気でいいですよね♪

みかんさんにお返事♪ * by 園長
あさがおは特に あれ、こんな色が!っていう変化が
面白いですよね、
F1の苗を買った次の年は ああ、これとこれをかけたんだなと
わかるような花が出て それも興味深かったデス♥

猫の滴下薬は
うちみたいな庭にでるネコには絶対 必要だけど
肌が弱いと合わなかったりで迷います(汗)
ハルも皮膚病で つけてなかったら
病院で大丈夫だからつけたほうがいいって言われちゃいました。
でもなんか 患部にしみないかな~とか思っちゃうんですよねぇ。。

タマは餌を食べながらでも
物音に反応する猫なので
薬つけるの大変なの~~

園主さんにお返事♪ * by 園長
F1種のアサガオは親と同じものが出ないので
他のアサガオと一緒に植えておくと
翌年からかなり個性的な花が出てきて楽しいです。
花の少ない真夏に咲いてくれるアサガオはありがたいわぁ(*^-^*)

テンちゃんがつけてもらっていた軟膏はゲンタシンですか。
ゲンタシンはうちの子供がトビヒになった時 もらったなぁ。
抗生剤が入った軟膏だから効くんですね、ゲンタシン( ..)φメモメモ
大人しくつけさせてくれるテンちゃんも偉い!
さすがは天使のテンちゃん🐱
リリちゃんは逃げる派なのね、
うちのタマと気が合いそうだわ~

サンスポットは蚊にも効果があるんですか。
レボリューションは蚊にさされて感染する
フェラリアに効果があるみたい、
でも野良だった子がもしすでにフェラリアになっていたら
レボリューションで死んだ虫が血管に詰まる可能性も
あるんじゃないかと それもちょっと心配で
使ってなかったんですけどね。
ハル 二週間前につけてもらって大丈夫みたいなので
ほっとしてます。
薬についてはシロウトの私にはわからないことが多くて
いつも迷ってます。

園主さんのところはニャンズの数が多いから
薬代だけでも大変ですね。

* by うり
毎年蜂さんにあっちこっちへ蜜を吸いに来て
色々交配してくれてるのかな。
こぼれ種からの朝顔は楽しくて良いですね。
こちらの方でももう日本ミツバチを見かける事はほぼありません(T_T)
 
うちはレボリューションです。
でもスースーするのが嫌で嫌で仕方ないらしいです。
うちも気配で察するので、外装からだしズボンのポッケにしまい
近づいて抱っこします。
フィラリアは血液検査できるはずですよ。

うりさんにお返事♪ * by 園長
やはり日本ミツバチはかなりのスピードで減っているのかな。。。
ネオニコチノイドだけの問題じゃないかもしれないけど
とりあえず 疑わしいラウンドアップなどの使用が
制限できるといいな~とは思ってます。
農業って重労働だからサ、どうしても高齢化が進むと
除草剤の使用も増えちゃうんだよねぇ。

うりさんのところはニャンコの滴下薬レボリューションなんだ♪
やっぱりももちゃんも嫌い?(^m^)

田舎は動物にお金をかけるの嫌う傾向があるからだと思うけど
動物病院もあまり検査してくれないんだよね。
ハルも疥癬かもしれないって言われたから
検査でわからないんですか?って聞いたら
検査してもわからないことが多いですって言われちゃった(^-^;)
疥癬が数回の注射だけで良くなるとは思えないんだけどな~~

埼玉の都市部のほうからuターンした先生だったから
シャオの頃まではギリギリFIVとかも検査してくれたけど
ハルの時はもう検査しなくてもワクチンだけしてれば
いいですよみたいな感じで・・・
確かに行き過ぎた医療は要らないけど
原因を調べないと納得できないこともあるんですよねぇ。。。

こんばんは♪ * by miyako
朝顔、こぼれダネでこんな色々咲けば良いですね♪

猫のノミ?ですか!あらまぁ・・
そんなの思いもしませんでした。
うちの子は、外に出ないのでいないと思いますが・・
外猫さんは大変ですね。

・・そういえば・・思い出しました!
美々は元野良猫ですので、うちに来た時はノミ取りクスリを使いましたね。
そうそう、暫くはノミ取り効果のある首輪をつけておりました。
うわ~15、6年前の話です。とお~い昔ですpp

miyakoさんにお返事♪ * by 園長
アサガオ 毎年勝手に交配して
かなり個性的な花が咲くので面白いですよ~(^^♪

猫の滴下薬、
薬は薄めた毒みたいなものだから
出来れば使いたくないんですけど
外に出す飼い方だとどうしてもね・・・・
うちのタマ吉姐さんは
野良猫魂を忘れずじっとしていられないニャンコで
どんな戸でも開けてしまう特技があるんですぅ(T T)
気が付くと開いている窓を
うちではタマ穴と呼んでおります。

miyakoさんのお宅みたいに
おうちの中だけで飼うのが一番安心!
美々ちゃんは本当に幸せですね♪
私の実家で飼っていたエルという猫も
一頭だけのおうち飼いでストレスがなかったからか
23年も長生きしました。

コメント






管理者にだけ表示を許可

朝顔の色が、絶妙ですねー^^ 淡い色の覆輪は本当に素敵^^

たんこちゃん、一度だけノミを見つけたことがありました。
が、そのまま放置でいなくなりました(寒いからか!)
けど、蟯虫さんがいてね>< 虫下しのお薬を何とか飲んでいただいて、治まりましたー><
野良さんだったので、避妊手術が終わるまでは、体調に問題もあったと思います。手術が終わってから、ようやく安定してきたように思いました。

野良ちゃん生活は、ハイリスクですものね><
2017-08-22-12:48 * mimiha [ 編集 ]

こんにちは

こぼれ種から咲く花って いろいろな種類が出てきて
元は どれ?って 感じで 面白いですね、
過去に掛け合わされた花を見るようで
実際は違うかもですが (*^。^*)
お値打ちな薬が どの子にでもあうと
かなり助かりますが
皮膚のトラブルを持った子には 強すぎるんですね
タマ専務が黒眼鏡に
ハマキくわえてる姿想像します (^^;)
2017-08-22-14:37 * みかん [ 編集 ]

どの花も 優しい色ですね。
自然実生で こんなにきれいな花が咲けば 毎年が楽しみですね。
市販のサンスポットと言うノミ・ダニ・蚊の効果がある薬を
首筋にかけていますが ノミが全滅する事は無いようです。
寒い間は 一匹もいませんが 夏頃になると湧いた様に出てきます。
毎日 櫛でとってやるのが一番効果的みたいですね。
テンちゃんの体中のおできは お陰様で殆ど良くなってきました。
人間用の「ゲンタシン軟膏」と言うのですが 何度も何度もしつこく
塗り込みました。
今思えば 早くつけてやれば良かったと思います。
でも テンちゃん以外は 前もって指に塗っておいても 気配を感じて
逃げてしまいます。勘が鋭いですね。
2階のリリちゃんは 特に鋭いようです。

2017-08-22-17:34 * 園主 [ 編集 ]

mimihaさんにお返事♪

野良生活は とってもハイリスクですよねぇ、
ノミだらけで貧血になってる子猫とかいますもんね(T T)

うちはタマが野良猫の子だったので
小さいうちに保護したけど立派な回虫持ちでしたよ~
ただでさえ飼い猫より食べ物が少ないのに
野良ちゃんはやせ細っているわけだなぁと思いました。

たんこちゃんもmimihaさんちの子になれて本当に良かった!!
mimihaさんのお庭にたんこちゃんがいる写真が
私は大好きでーす♥

淡い色の覆輪あさがお
涼し気でいいですよね♪
2017-08-22-17:42 * 園長 [ 編集 ]

みかんさんにお返事♪

あさがおは特に あれ、こんな色が!っていう変化が
面白いですよね、
F1の苗を買った次の年は ああ、これとこれをかけたんだなと
わかるような花が出て それも興味深かったデス♥

猫の滴下薬は
うちみたいな庭にでるネコには絶対 必要だけど
肌が弱いと合わなかったりで迷います(汗)
ハルも皮膚病で つけてなかったら
病院で大丈夫だからつけたほうがいいって言われちゃいました。
でもなんか 患部にしみないかな~とか思っちゃうんですよねぇ。。

タマは餌を食べながらでも
物音に反応する猫なので
薬つけるの大変なの~~
2017-08-22-17:49 * 園長 [ 編集 ]

園主さんにお返事♪

F1種のアサガオは親と同じものが出ないので
他のアサガオと一緒に植えておくと
翌年からかなり個性的な花が出てきて楽しいです。
花の少ない真夏に咲いてくれるアサガオはありがたいわぁ(*^-^*)

テンちゃんがつけてもらっていた軟膏はゲンタシンですか。
ゲンタシンはうちの子供がトビヒになった時 もらったなぁ。
抗生剤が入った軟膏だから効くんですね、ゲンタシン( ..)φメモメモ
大人しくつけさせてくれるテンちゃんも偉い!
さすがは天使のテンちゃん🐱
リリちゃんは逃げる派なのね、
うちのタマと気が合いそうだわ~

サンスポットは蚊にも効果があるんですか。
レボリューションは蚊にさされて感染する
フェラリアに効果があるみたい、
でも野良だった子がもしすでにフェラリアになっていたら
レボリューションで死んだ虫が血管に詰まる可能性も
あるんじゃないかと それもちょっと心配で
使ってなかったんですけどね。
ハル 二週間前につけてもらって大丈夫みたいなので
ほっとしてます。
薬についてはシロウトの私にはわからないことが多くて
いつも迷ってます。

園主さんのところはニャンズの数が多いから
薬代だけでも大変ですね。
2017-08-22-18:15 * 園長 [ 編集 ]

毎年蜂さんにあっちこっちへ蜜を吸いに来て
色々交配してくれてるのかな。
こぼれ種からの朝顔は楽しくて良いですね。
こちらの方でももう日本ミツバチを見かける事はほぼありません(T_T)
 
うちはレボリューションです。
でもスースーするのが嫌で嫌で仕方ないらしいです。
うちも気配で察するので、外装からだしズボンのポッケにしまい
近づいて抱っこします。
フィラリアは血液検査できるはずですよ。
2017-08-22-23:59 * うり [ 編集 ]

うりさんにお返事♪

やはり日本ミツバチはかなりのスピードで減っているのかな。。。
ネオニコチノイドだけの問題じゃないかもしれないけど
とりあえず 疑わしいラウンドアップなどの使用が
制限できるといいな~とは思ってます。
農業って重労働だからサ、どうしても高齢化が進むと
除草剤の使用も増えちゃうんだよねぇ。

うりさんのところはニャンコの滴下薬レボリューションなんだ♪
やっぱりももちゃんも嫌い?(^m^)

田舎は動物にお金をかけるの嫌う傾向があるからだと思うけど
動物病院もあまり検査してくれないんだよね。
ハルも疥癬かもしれないって言われたから
検査でわからないんですか?って聞いたら
検査してもわからないことが多いですって言われちゃった(^-^;)
疥癬が数回の注射だけで良くなるとは思えないんだけどな~~

埼玉の都市部のほうからuターンした先生だったから
シャオの頃まではギリギリFIVとかも検査してくれたけど
ハルの時はもう検査しなくてもワクチンだけしてれば
いいですよみたいな感じで・・・
確かに行き過ぎた医療は要らないけど
原因を調べないと納得できないこともあるんですよねぇ。。。
2017-08-23-17:28 * 園長 [ 編集 ]

こんばんは♪

朝顔、こぼれダネでこんな色々咲けば良いですね♪

猫のノミ?ですか!あらまぁ・・
そんなの思いもしませんでした。
うちの子は、外に出ないのでいないと思いますが・・
外猫さんは大変ですね。

・・そういえば・・思い出しました!
美々は元野良猫ですので、うちに来た時はノミ取りクスリを使いましたね。
そうそう、暫くはノミ取り効果のある首輪をつけておりました。
うわ~15、6年前の話です。とお~い昔ですpp
2017-08-23-20:49 * miyako [ 編集 ]

miyakoさんにお返事♪

アサガオ 毎年勝手に交配して
かなり個性的な花が咲くので面白いですよ~(^^♪

猫の滴下薬、
薬は薄めた毒みたいなものだから
出来れば使いたくないんですけど
外に出す飼い方だとどうしてもね・・・・
うちのタマ吉姐さんは
野良猫魂を忘れずじっとしていられないニャンコで
どんな戸でも開けてしまう特技があるんですぅ(T T)
気が付くと開いている窓を
うちではタマ穴と呼んでおります。

miyakoさんのお宅みたいに
おうちの中だけで飼うのが一番安心!
美々ちゃんは本当に幸せですね♪
私の実家で飼っていたエルという猫も
一頭だけのおうち飼いでストレスがなかったからか
23年も長生きしました。
2017-08-24-17:21 * 園長 [ 編集 ]